忍者ブログ
ISOとは、ISO9001、ISO14001、取得によるメリット、審査費用や実際の取得スケジュール、そしてコンサル会社の選定方法など

本日はISO審査制度についてお話します。

【審査機関】
ISOの審査は民間に委託されています。ですから、民間の審査登録機関が皆さんの会社を審査します。
審査会社は全国で50社を超えています。どこの審査会社で受審しても効力は同じです。

審査登録機関は下記を参照してください。

<ISO9001>
http://www.jab.or.jp/cgi-bin/jab_examination_j.cgi?list_proc=1
<ISO14001>
http://www.jab.or.jp/cgi-bin/jab_examination_j.cgi?list_proc=2

【審査の進め方】
審査は、第1段階審査・第2段階審査の2本立てで実施されます。第1段階審査は文書審査、第2段階審査は現地審査とも言われます。
第1段階審査・・・企業が構築したISOマニュアルがISO要求基準に合致しているかどうかの審査です。主に、マニュアル等の文書が審査されます。
第2段階審査・・・企業が作成したマニュアル通りに仕事が行われているかどうかの審査です。当然、現場審査です。
【審査内容】
企業規模によって審査日数等は変動しますが、審査内容はほぼ共通です。

50名の製造業の審査プログラム(例)・・・第2段階審査

<第1日目>

8:45 貴社到着
9:00~9:20 オープニングミーティング
9:20~10:00 サイトツアー(現場の説明を聞く)
10:00~11:00 経営者インタビュー
11:00~12:00 文書およびシステム審査
  <昼食>
13:00~17:00 文書およびシステム審査

<第2日目>

8:45 貴社到着
9:00~12:00 製造部審査
  <昼食>
13:00~14:00 生産管理部審査
14:00~15:00 品質管理部審査
15:00~16:00 営業部審査
16:00~16:40 審査員まとめ
16:40~17:00 クロージングミーティング
【審査の判定】
書類審査も現地審査も厳格な審査が行われ、必ずと言っても過言でない程「不適合」の指摘がされます。
不適合の指摘がされた場合は、是正しなければなりません。是正しない場合はISO認証書は発行されません。

また、不適合の指摘には、「メジャー(重大)な不適合」と「マイナー(軽微)な不適合」があります。

「メジャーな不適合」を指摘された場合は、再審査です。

PR
カレンダー
09 2014/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
無料アクセス解析

Copyright © ISO取得情報 All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート Special Thanks : 忍者ブログCommercial message : [PR]薬剤師 増毛

社員研修人材育成セミナー新入社員研修プライバシーマークJISQ15001 取得プライバシーマーク 内部監査運用代行サービス取得コンサルティングフルコンサルティング制度の概要と目的プライバシーマークの実施体制付与の単位、対象、有効期間付与に係る費用認定までの手続きプライバシーマークの使用申請から付与までの流れ新規申請に必要な書類プライバシーマークの申請先申請書の受理と文書審査プライバシーマークの現地審査申請事項の変更付与認定の更新ISO9001とは内部監査内部統制内部監査人 基礎講座産業廃棄物 処理ゴミ 回収ブルーベリー狩り 埼玉ISMSISMS短期取得ISMS自力取得ISMSスポットコンサルティングISMS文書・雛形ISMSセミナーISMS成功ノウハウ集ISMSとはISMS取得のメリットISMS取得状況ISMS認証(審査)とはISMS審査機関ISMS取得コンサルティングスケジュールISMSシステム構築の流れ