忍者ブログ
ISOとは、ISO9001、ISO14001、取得によるメリット、審査費用や実際の取得スケジュール、そしてコンサル会社の選定方法など
基礎からわかるISO取得情報
プロのコンサルタントがISO取得に関わるノウハウを全て公開致しました。
「ISO9001とは何か」というテ-マから始まりISO14001とは、ISO取得までの流れ、審査費用や実際の取得スケジュールなどISO取得を目指している企業様のお役になれば幸いです。

2015年版対応内部監査員養成 ISO9001、ISO14001 差分研修

2015年版移行支援、改訂コンサルティング

ISO9001:2015規格改定 最新情報

ISO14001:2015規格改定 最新情報

【差分研修とは】ISO9001:2015とISO9001:2008、ISO14001:2015とISO14001:2004の違いを理解する研修です。

ISO9001を例にご説明しますと、既にISO9001:2008内部監査員として認定されている方は、2008年版に準拠して構築された品質マネジメントシステムの内部監査の実施が可能です。
しかし、2015年版の規格要求事項等は理解されていませんので、2015年版ISO9001の内部監査はできません。
したがって、2015年版のISO9001の規格要求事項が2008年版と比べて、「何が、どう変わったのか」を習得する「差分研修」を受講することによって、2015年版内部監査員として認定が可能になります。

【ISO14001:2015差分研修】
開催日:2016年9月2日(金)9:30~12:30

【ISO9001:2015差分研修】
開催日:2016年9月2日(金)13:30~16:30

会場:中央区立産業会館(東京都中央区)
受講料:15,000円(税別)

詳細/申込はハピネックスサイトをご覧ください。

PR

「ISO審査会社の選び方」についてお話します。

以前、「審査会社は全国で50社を超えています。どこの審査会社で受審しても効力は同じです。」というお話をしました。

具体的な審査登録機関

ISO取得のための「コンサルティング会社の選び方」について、お伝えいたします。

結論から申し上げますと、今現在ISOコンサルティングを「業」としている会社は、一部の会社を除いて大半が間違いの無い会社と言えると思います。

振り返りますと10年前の、ISO取得が急激な右肩上がりの時代には怪しい会社がたくさん存在しました。膨大なコンサル料金・いい加減な指導、こうした会社が横行していました。しかし、そんな会社は当然淘汰されました。「騙しは永く続かない」ということです。

数多くのお客様とお話をさせていただいていますが、コンサル会社の選定要因として以下のような点を上げています。

今回は「ISO取得に当たっての中小零細企業の社長の役割」について、お伝えいたします。

中小零細企業の共通の特徴は
1.ISOの規格を理解して、それを文書化するようなスタッフがいない
2.社内のルール化が不明瞭
3.人数が少ないため、ほぼ全員が現場で忙しい。そのため、ISO準備にかける時間が確保しにくい。

ISO取得のための「企業様の準備作業時間の捻出方法」について、お伝えいたします。

ISOを取得する際ですが、専任者は設けず、兼任で行う企業が大半です。

兼任ですから、仕事は間違いなく「プラスアルファ」にならざるを得ません。上手に時間を捻出しませんと、“忙しくてできなかった”という言い訳を言いたくなるのが常です。

私の指導先の成功例を申し上げます。

カレンダー
07 2016/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
無料アクセス解析

Copyright © ISO取得情報 All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート Special Thanks : 忍者ブログCommercial message : [PR]